公益社団法人 寄居町シルバー人材センター

センター紹介

センターの特色

町指定文化財「鉢形城の桜エドヒガンのライトアップ」

寄居町シルバー人材センターの歴史は、昭和58年10月に設立された「寄居町高齢者事業団」に遡ります。その後、旧花園町、旧川本町の各事業団との広域化が図られ、社団法人寄居地区広域シルバー人材センターとして発足いたしました。

さらに、平成の大合併により、花園町、川本町が、深谷市と合併したことから、寄居町は単独の社団法人を経て、平成24年4月より、「公益社団法人寄居町シルバー人材センター」として歩みを始めております。

現在は、会員数327名(平成28年4月1日現在)を数え、理事会、安全適正就業委員会、地域班などを組織し、会員による自主自立の運営を行っており、地域に根ざしたセンターとして、活力ある地域づくりに貢献できるよう、会員一同元気に活動しております。

[ PAGE TOP ]